ネズミ駆除とイタチ駆除が必要となる背景

都会に出現する害獣対策は最新の駆除方法を取り入れるのが吉 都会に出現する害獣対策は最新の駆除方法を取り入れるのが吉

都会にはびこる害獣~ネズミやイタチの被害は増えるばかり~

ネズミやイタチの被害から、ネズミ駆除やイタチ駆除を行なう人は多いです。害獣を放置するリスクはどのようなものでしょうか。

スーパーラットの進化はとまらない

ネズミは1世代の寿命はとても短く、子孫を残すために何度もたくさんの子供を出産します。そして、強いネズミ同士が子孫を残すと、さらに強いネズミが誕生するのです。つまり、毒に強い耐性を持って生き延びたスーパーラット同士が子孫を生むと、毒耐性を持つスーパーラットが誕生します。ネズミは繁殖力が高い故に、スーパーラットへの進化も早いです。そしてスーパーラットが繁殖を繰り返すことで増えていくため、完全な駆除は難しいのです。

害獣を放置していると様々な病気にかかる可能性がある

鼠咬症
噛まれた傷口から細菌が侵入することで感染します。傷口がただれ、突然悪寒がし、高熱や頭痛、筋肉痛など、インフルエンザのような症状が出るのが特徴です。そして、黒い麻疹のような発疹が関節部にあらわれます。悪化すると全身が腫れ、呼吸困難など短時間に複数の症状、肺炎や腎炎などの合併症を引き起こし、時には命に危険もあります。
食中毒
ネズミが保有する菌に「サルモネラ菌」があり、これは食中毒の原因菌の一つです。嘔吐や下痢、腹痛などの症状を訴えます。致死率は非常に低い病気ですが、高齢者や乳幼児が感染すると重症化するリスクがあるので注意が必要です。食中毒は加熱調理で防げますが、食器などがネズミによって汚染されていると、食器にも注意しましょう。
ハンタウイルス肺症候群
最初は風邪に似た症状ですが、突然重症化することもあります。悪寒や熱、頭痛などの症状のほかに、肺水腫によって呼吸困難に至るケースもあるのです。また、悪化すると全身から出血して死亡するケースも多く、アメリカ大陸では毎年死者が出るほど危険な病気です。現在、有効な治療法はありませんが、二次感染することはありません。
TOPボタン